• 2020.12.12

    拘りが詰め込まれた、1色15着だけのお洋服

ー 斎藤さん
生産ロットとしては、1色15枚。
1色の服に対して15着しか作っていないんです。

同じお洋服はこの世の中に15着しかないんです

まあ、いろんな要素があるんですけど、結局は着心地の良い服を作るためにこうやってみた、こうやったってのを各工程で協力してやってるんです。
全部話すと3日くらいかかりますね。
いや、3日じゃ足りないな。

ー 牧原さん
私たちの服って1枚を作るのにかなり長い時間かけてるんです。これ買ってきて、これを合わせてって感じじゃないんです。

イメージがあって、シーンがあって、相手に対してよく見えるけど自分の着心地がいい服。

Sympaはライフスタイルなんです。
ネームバリューとか、見た目で高そうとか、そういうんじゃないんです。

cinq symphonieに対して、一つだけ拘りをあげるとしたら?

ー 斎藤さん
ごまかさない。
それしか言えないですね。

リネン100%と言ったらリネン100%。
最高のリネンといえば、私の中で本当に最高のものを。

生地を干すのも、遠州灘の海風がいいのか、伊吹山の伊吹おろしがいいのか、そういう実験もしてるんです。

なんでなのかわからないんですけど、実際に風合いが変わるんです。想像するしかない、海風と山風の違いかな?とか。

伊吹山で乾燥させたお洋服と、中田島砂丘で乾燥させたお洋服では風合いが違う。っていうのが今はわかってるんです。

となると、熊野の山中で干したらどうなるんだろう?っていうのをやってみる。やってみないとわからないから、やってみるんです。
お客さんに分かってはもらえないというのは理解しているんですけど。

それくらい全てに拘ってるんです。

cinq symphonieの服はライフスタイルを意識したオーダーメイド

今回、cinq symphonieのデザイン、制作をしてもらっているお二人にお話を伺ったところ、インタビュー時間だけでは全く足りないほどの拘りを語っていただきました。

私たちSympaが販売しているcinq symphonieは、一般的なお洋服のように見た目にカッコいい、可愛いものではなく、いかに生活に溶け込むかを意識しています。ライフスタイルの一つになるような。

着心地をとことん追求したお洋服であるため、見た目や形だけではなく、お洋服の生地からこだわり抜いて作っています。

皆さんの生活の中でもcinq symphonieの着心地の良さを楽しんでいただければ幸いです。

その他のインタビュー記事

商品についてのお問い合わせ

商品についてのお問い合わせはSympa公式LINEアカウントでも受け付けております。
お友達登録ボタンからSympaを登録頂き、お気軽にお問い合わせください。

友だち追加